Windows10でFSXを動かしてみた

「Windows10でFSXは問題なく動作するのか!?」ということでヒトバシラーになってみました。今回はそれによる問題点などを書いていきます。結論的にはFSX,VATSIM関連にいくつか問題が発生しましたが、すべて解決して問題なくフライトができています。

とりあえず

Windows7 Home premiumからWindows update経由でアップデートを実施。2-3時間で終了。その後再起動を実施。

FSX環境

・箱版 Acceleration
・Saitek Flight yoke
・Cyborg X
・その他アドオン機
・FS関連は管理者権限で起動

発生した問題点 – FSX

・再起動のたびにサウンドが死ぬ→サウンドドライバ再インストールで解決
・Saitek yokeが認識されない→ドライバの再インストールで解決
・Cyborg Xが認識されない→ドライバの再インストールで解決
・FSXのキー割り当て→消えたので割り当てをやり直し解決
・IMEが無効になる→ こちらを参考にしたところ正常に動作中。

発生した問題点 – VATSIM関連

Vpilotのメニューが文字化けする問題が発生。これはフォントが怪しいと思ったので”MSゴシック”を再インストールしたところ無事に解決。

 

ということでWindows10へのアップデートは無事に完了しました。UIはお気に入りなんですが、クイックアクセスとか設定とかは好きになれませんね…まあフライトがちゃんとできるので良しとしましょう。
…それではまた。

<追記>
PCをリカバリした関係で今はWindows7で動いてます。無償アップデート期限ギリギリまでは7のままでいくつもりです。

Last update: 2016.4.1

[ads]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。