空港アドオン – Guam X

今回紹介するのはMorten Van Der Lindenさん作の”Guam X”です。シーナリー内容はその名の通りグアム国際空港(PGUM)で、周辺のフォトシーナリーも含まれています。ターミナルや、軍用エリアなども細部まで凝って作られています。


 
ターミナルビルはSketchupでモデリングされているようです。コンクリート部分、「汚し」のテクスチャがいい雰囲気です。

guam3

 
続いてはターミナルと反対のエリアです。戦闘機をはじめ、軍用機が駐機しています。

guam5

 
シーナリーにはフォトシーナリーが含まれており、そのカバー範囲はこの通り。(下)

guam7

 
信号機などなど、ターミナル前も本当に細部まで作られています。

guam2

 
また、貨物もしっかりと配置されていて丁寧な仕事ぶりが伺えます。

guam6

 

最後に。このような感じで非常に細かい部分まで作られていて、飛んでいて飽きない素晴らしいシーナリーなのですがフレームレートの落ち込みは否めません。あまりに重いようでしたら負荷のかかりそうなBGLを探してから、それを抜いて飛ぶと良いかもしれません。

それにしても、自分でシーナリーを作って配布されている方は国内外問わずいらっしゃいますが本当にすごいですね。私も一時期シーナリー製作をしていたので、大変さが非常によくわかります。その作ってたシーナリーはどうなったかって?…察してください。

ダウンロードはAVSIMまたはFlightsim.comから。”Guam X”で検索をすると出てきます。最新はv4ですが、v4FIXも適用するようにしましょう。

Last-update : 2015/8/13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。